読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらゆけ☆ちゅら美

沖縄から京都へ来た三毛猫の日記

三毛猫を飼う事になった話(2)

2014年7月12日の土曜日に法要祭がある、と動物霊園のお知らせが届いていた。

京都市内からはちょっと遠い園部にあるお寺なので、行こうか行くまいか、直前まで迷っていた。

年に何度か法要祭のお知らせは来るし、もちろん法要祭の時じゃなくてもいつでもお参りには行ける。

でも、遠いのでこんな機会でもないとなかなか足を運べないのも事実。

 

一度は断った三毛猫の里親の話だが、その法要祭の数日前に再び連絡がきて、

やはりなかなか里親を見つけるのは厳しそう、と。

この時点でもう肚は決まってたかもしれない。

 

そうだ。

お墓参りにいって、chaiに報告してこよう。

 

chaiが生きている時、死んでからも、

「もしもかーちゃん(私の事)を必要としてる猫がいたら、送り込んでよ」

と語りかけていた。

 

この1年の間にも何匹かの子猫が私の前に現れた。

でもなぜか飼う事にはならなかった。

その子猫たちは私を必要とはしていなかった。

 

遠い沖縄からだけれども、かーちゃんを必要としてる猫がいるよ!

chaiは言ってるのだろうか?

 

そうして、信じる信じないは人それぞれだけれども、

占星術的にとても意味のあると言われている、木星が獅子座へ移動したその日。

ほぼその移動したと思われる時刻に正式に返事をした。

石井ゆかりさんの筋トレ参照→2014/7/14-7/20の空模様。 - 筋トレ週報・テンポラリ更新

別にその日その時を狙ってたわけじゃない。

なぜか偶然そうなったのだ。

 

そして話を詰めて、猫が京都へやってくる日が決まった。

27日の日曜日。新月

これまたすごい偶然。

だけど必然。

 

やっぱり最初から決まってた事だったんだな、と思う。